結果 新井流フルスイングテニス塾 ~『ワイパースイングZERO』フォアハンド編~ [AT0012]

新井流フルスイングテニス塾 ~『ワイパースイングZERO』フォアハンド編~ [AT0012]のネタバレや再現性についてのことを知りたい方は、コチラのリンクを見ておくべきでしょう。


新井流フルスイングテニス塾 ~『ワイパースイングZERO』フォアハンド編~ [AT0012]の注意すべき点や体験談等についてのことが載っていることがあるので、チェックしてみてください。


さらにもっと、このマニュアルの情報を確認したい方は、以下に記載の事項を見ておくべきでしょう。


  • 電子書籍名:新井流フルスイングテニス塾 ~『ワイパースイングZERO』フォアハンド編~ [AT0012]
  • マニュアル説明:「テニス初級者が、ワイパースイング…?」「そんなの、できるわけないだろう」どうすれば、テニス初級者がワイパースイングを打てるようになるのか?あなたは、「ワイパースイング」と聞いて、何をイメージしますか?ナダル選手や、錦織選手のようなプロのスイングでしょうか。それとも、テニス上級者だけが使える、特別なテクニックでしょうか。確かに、すこし敷居の高いイメージがあるかもしれません。実際、ワイパースイングを駆使する選手の多くはトッププロや上級者です。でも、テニス初級者にはマスターできない技術ではないのです。少しのコツと、練習方法さえ覚えてしまえば、誰でもかんたんにマスターでき、フルスイングで気持ちよくコートに叩きこめるようになります。ほとんどのコントロールミスは「回転のコントロールミス」によって起きることが多く、だからこそ、「回転をかけやすい」ワイパースイングの出番なのです。回転のコントロールができれば、自然にボールがコントロールできるようになり、アウトを恐れず、フルスイングでボールを叩きこめるようになるのです。ワイパースイングの敷居を高くしてしまっている理由の一つに、うまく手首が使えず、ワイパースイングに必要な回転がかからないことが考えられます。しかし、これら回転の悩みはかんたんに解決することができます。その秘訣は、フィニッシュの位置!回転をコントロールするには、フィニッシュでラケットを握っている右手の親指が左の腰ポケットにくるよう意識するだけ。たったそれだけで「野球のシュート」のような回転がかかり、自然にワイパースイングが打てるようになるのです。あなたがよく知る「錦織圭」選手もフェデラー選手もナダル、ジョコビッチ選手も…彼らは、リストをうまく使って身体を回転させて、肘から先を「車のワイパーのようにスイングをする方法」が最もスピンがかかりやすく、アウトしにくいと知っているのです。プロが「効果のない理論」を取り入れるハズはありません。事実、あなたがご存じのコーチや上級者はみんなこのような打ち方をしていませんか?そう、もはやワイパースイングは「基本テクニック」と呼べるほどオーソドックスな理論となっているのです。 DVD2枚組+特典DVD1枚 【総収録時間:194分】
  • 販売人名:株式会社リアルスタイル Real Style
  • 販売者公式site


上に記載のノウハウは、infotopASPのダウンロードの仕組みによって買うことができますが、インフォトップは、情報ノウハウの販売・購入会社としては、最大の売上がある上に、信用も評価されているサービスであるため、情報商品のネット通販購入が初回の方でも迷わずにネットショッピングすることが可能です。


また、これから当記事の主題の新井流フルスイングテニス塾 ~『ワイパースイングZERO』フォアハンド編~ [AT0012]の関連情報が分かれば、記事を追加しますので、よければ、また覗きにきてください。


競艇投資ソフト・MarySoft3 成果

[PR]
by kabu225mad | 2017-12-01 07:59
<< 体験談 カエテンWP-JOY|... >>